リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【民法】手付についての試験対策、要点まとめ

買主が売主に手付を交付したときは、

当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、

買主はその手付を放棄し、

売主はその倍額を償還して、

契約の解除をすることができます。

 

「履行に着手」とは

「履行に着手」とは、判例は、

「履行の提供をするために

欠くことのできない前提行為」

のこととしています。

例えば、農地の売買における

買主と売主が錬著して

農地の売買の農地法の

許可申請をした場合などがこれにあたります。

 

自分が履行に着手しても契約の解除はできる

「当事者の一方が履行に着手」とは、

「相手方が履行の着手」

をしたらという意味です。

 

自分が履行の着手をしていても、

相手方が履行に着手していなければ、

手付の放棄or倍額の償還で、

契約の解除をすることができます。

 

スポンサードリンク

 

手付の放棄or倍額の償還で、損害賠償請求はできない

手付を放棄、倍額の償還をして

契約の解除ができますので、

契約の解除により損害が生じた場合でも、

損害賠償を請求することはできません。

 

債務不履行により契約解除した場合

手付を交付した売買契約を、

相手方の債務不履行を理由に契約解除する場合、

手付契約は、売買契約の従たる契約ですが、

売買契約が解除された場合は、

従たる契約の手付契約も失効します。

 

そして、売主は解除に伴う

原状回復義務として

手付の返還義務が生じるということになります。

 

 

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

 
 

試験対策・要点まとめコーナー

(今、あなたが見ているこのページはリラックス法学部「試験対策要点まとめコーナー」です。)


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク