リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【民法判例】会社の代表者として土地を所持する者の占有権の有無 (昭和32年2月15日最高裁)

会社の代表者として土地を所持する者の占有権の有無

(昭和32年2月15日最高裁)

事件番号  昭和29(オ)920

 

この裁判では、

会社の代表者として土地を所持する者の

占有権の有無について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

上告人は訴外D造船株式会社の代表取締役であって

同会社の代表機関として

本件土地を占有しているというのである。

 

そうすると、本件土地の占有者は右訴外会社であって

上告人は訴外会社の機関としてこれを所持するに止まり、

したがってこの関係においては本件土地の直接占有者は

訴外会社であって上告人は

直接占有者ではないものといわなければならない

 

なお、もし上告人が本件土地を単に訴外会社の機関として

所持するに止まらず上告人個人のためにも

所持するものと認めるべき特別の事情があれば、

上告人は直接占有者たる地位をも有するから、

本件請求は理由があることとなるが、

右特別の事情は原判決の確定しないところである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク