スポンサードリンク

【民法判例】使用者から被用者への求償権の制限 (昭和51年7月8日最高裁)

使用者から被用者への求償権の制限

(昭和51年7月8日最高裁)

事件番号  昭和49(オ)1073

 

この裁判では、

使用者から被用者への求償権の制限について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

使用者が、その事業の執行につきなされた被用者の加害行為により、

直接損害を被り又は使用者としての

損害賠償責任を負担したことに基づき

損害を被った場合には、使用者は、

その事業の性格、規模、施設の状況、被用者の業務の内容、

労働条件、勤務態度、加害行為の態様、加害行為の予防若しくは

損失の分散についての使用者の配慮の程度

その他諸般の事情に照らし、

損害の公平な分担という見地から

信義則上相当と認められる限度において、

被用者に対し右損害の賠償又は求償の請求を

することができるものと解すべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク