リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【民法判例】共有者の一人が相続人なくして死亡したときとその持分 (平成元年11月24日最高裁)

共有者の一人が相続人なくして死亡したときとその持分

(平成元年11月24日最高裁)

事件番号  昭和63(行ツ)40

 

この裁判では、

共有者の一人が相続人なくして死亡した場合の

その持分について裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

共有者の一人が死亡し、相続人の不存在が確定し、

相続債権者や受遺者に対する清算手続が終了したときは、

その共有持分は、他の相続財産とともに、

法958条の3の規定に基づく特別縁故者に対する財産分与の対象となり、

右財産分与がされず、当該共有持分が承継すべき者のないまま

相続財産として残存することが確定したときにはじめて、

法255条により他の共有者に帰属することになると解すべきである。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

民法判例(親族・相続)をわかりやすく解説


試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク