スポンサードリンク

【民法判例】動産の売渡担保契約と債務者の所有権取得の対抗力の有無 (昭和30年6月2日最高裁)

動産の売渡担保契約と債務者の所有権取得の対抗力の有無

(昭和30年6月2日最高裁)

事件番号  昭和28(オ)952

 

この裁判では、

動産の売渡担保契約と債務者の

所有権取得の対抗力の有無について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

売渡担保契約がなされ債務者が引き続き

担保物件を占有している場合には、

債務者は占有の改定により

爾後債権者のために占有するものであり、

従つて債権者はこれによって

占有権を取得するものであると解すべきことは、

従来大審院の判例とするところであることも

所論のとおりであって、

当裁判所もこの見解を正当であると考える。

 

果して然らば、原判決の認定したところによれば、

上告人(被控訴人)は昭和26年3月18日の売渡担保契約により

本件物件につき所有権と共に間接占有権を取得し

その引渡を受けたことによりその所有権の取得を以て

第三者である被上告人に対抗することが

できるようになったものといわなければならない

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク