スポンサードリンク

【民法判例】医療機関に要求される医療水準の判断 (平成7年6月9日最高裁)

医療機関に要求される医療水準の判断

(平成7年6月9日最高裁)

事件番号  平成4(オ)200

 

この裁判では、

医療機関に要求される医療水準の判断について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

ある新規の治療法の存在を前提にして

検査・診断・治療等に当たることが

診療契約に基づき医療機関に要求される

医療水準であるかどうかを決するについては、

当該医療機関の性格、所在地域の医療環境の特性等の

諸般の事情を考慮すべきであり、右の事情を捨象して、

すべての医療機関について診療契約に基づき

要求される医療水準を一律に解するのは相当でない

 

そして、新規の治療法に関する知見が当該医療機関と

類似の特性を備えた医療機関に相当程度普及しており、

当該医療機関において右知見を有することを

期待することが相当と認められる場合には、

特段の事情が存しない限り、右知見は右医療機関にとっての

医療水準であるというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク