リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【民法判例】取引先の外観信頼 (昭和42年11月2日最高裁)

取引先の外観信頼

(昭和42年11月2日最高裁)

事件番号  昭和39(オ)1103

 

この裁判では、

被用者の職務権限内において適法に

行なわれたものでない行為についての

被害者の悪意・重過失と民法第715条について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

被用者のなした取引行為が、

その行為の外形からみて、

使用者の事業の範囲内に属するものと

認められる場合においても、

その行為が被用者の職務権限内において

適法に行なわれたものでなく、かつ、

その行為の相手方が右の事情を知りながら、

または、少なくとも重大な過失により

右の事情を知らないで、

当該取引をしたと認められるときは、

その行為にもとづく損害は民法715条にいわゆる

「被用者カ其事業ノ執行ニ付キ第三者ニ加ヘタル損害」とはいえず、

したがってその取引の相手方である被害者は

使用者に対してその損害の賠償を請求することが

できないものと解するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク