スポンサードリンク

【民法判例】受任者の利益のためにも締結された委任契約と解除 ( 昭和56年1月19日最高裁)

受任者の利益のためにも締結された委任契約と解除

( 昭和56年1月19日最高裁)

事件番号  昭和54(オ)353

 

この裁判では、

受任者の利益のためにも締結された委任契約と解除について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

本件管理契約は、委任契約の

範ちゅうに属するものと解すべきところ、

本件管理契約の如く単に委任者の利益のみならず

受任者の利益のためにも委任がなされた場合であっても、

委任契約が当事者間の信頼関係を

基礎とする契約であることに徴すれば、

受任者が著しく不誠実な行動に出る等

やむをえない事由があるときは、

委任者において委任契約を解除することができるものと

解すべきことはもちろんであるが、さらに、

かかるやむをえない事由がない場合であっても、

委任者が委任契約の解除権自体を放棄したものとは

解されない事情があるときは、該委任契約が

受任者の利益のためにもなされていることを理由として、

委任者の意思に反して事務処理を継続させることは、

委任者の利益を阻害し委任契約の本旨に反することになるから、

委任者は、民法651条に則り委任契約を解除することができ、ただ、

受任者がこれによって不利益を受けるときは、

委任者から損害の賠償を受けることによって、

その不利益を填補されれば足りるものと解するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


・試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク