リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【民法判例】東大病院ルンバール事件(因果関係の立証) (昭和50年10月24日最高裁)

東大病院ルンバール事件(因果関係の立証)

(昭和50年10月24日最高裁)

事件番号  昭和48(オ)517

 

この裁判では、

訴訟上の因果関係の立証について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

訴訟上の因果関係の立証は、

一点の疑義も許されない自然科学的証明ではなく、

経験則に照らして全証拠を総合検討し、

特定の事実が特定の結果発生を招来した関係を是認しうる

高度の蓋然性を証明することであり、その判定は、

通常人が疑を差し挟まない程度に

真実性の確信を持ちうるものであることを必要とし、かつ、

それで足りるものである。

 

原審確定の事実、殊に、本件発作は、上告人の病状が一貫して

軽快しつつある段階において、本件ルンバール実施後15分ないし20分を経て

突然に発生したものであり、他方、

化膿性髄膜炎の再燃する蓋然性は

通常低いものとされており、当時これが再燃するような

特別の事情も認められなかつたこと、以上の事実関係を、

因果関係に関する前記一に説示した見地にたって総合検討すると、

他に特段の事情が認められないかぎり、

経験則上本件発作とその後の病変の原因は脳出血であり、

これが本件ルンバールに困つて発生したものというべく、結局、

上告人の本件発作及びその後の病変と

本件ルンバールとの間に因果関係を肯定するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク