スポンサードリンク

【民法判例】民法724条後段所定の除斥期間の起算点 (平成16年4月27日最高裁)

民法724条後段所定の除斥期間の起算点

(平成16年4月27日最高裁)

事件番号  平成13(受)1760

 

この裁判では、

民法724条後段所定の除斥期間の起算点について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

民法724条後段所定の除斥期間の起算点は,

「不法行為ノ時」と規定されており,

加害行為が行われた時に損害が発生する不法行為の場合には,

加害行為の時がその起算点となると考えられる。

 

しかし,身体に蓄積した場合に

人の健康を害することとなる物質による損害や,

一定の潜伏期間が経過した後に症状が現れる損害のように,

当該不法行為により発生する損害の性質上,

加害行為が終了してから相当の期間が

経過した後に損害が発生する場合には,

当該損害の全部又は一部が発生した時が

除斥期間の起算点となると解すべきである。

 

なぜなら,このような場合に損害の発生を待たずに

除斥期間の進行を認めることは,

被害者にとって著しく酷であるし,

また,加害者としても,自己の行為により生じ得る損害の性質からみて,

相当の期間が経過した後に被害者が現れて,

損害賠償の請求を受けることを

予期すべきであると考えられるからである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ

民法初学者の部屋


・試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク