スポンサードリンク

【民法判例】遺産分割と対抗関係 (昭和46年1月26日最高裁)

遺産分割と対抗関係

(昭和46年1月26日最高裁)

事件番号  昭和45(オ)398

 

この裁判では、

遺産分割と対抗関係について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼって

その効力を生ずるものではあるが、

第三者に対する関係においては、

相続人が相続によりいったん取得した権利につき

分割時に新たな変更を生ずるのと

実質上異ならないものであるから、

不動産に対する相続人の共有持分の

遺産分割による得喪変更については、

民法177条の適用があり、分割により

相続分と異なる権利を取得した相続人は、

その旨の登記を経なければ、分割後に当該不動産につき

権利を取得した第三者に対し、自己の権利の取得を

対抗することができないものと解するのが相当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

民法判例(親族・相続)をわかりやすく解説


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法


関連記事

スポンサードリンク