スポンサードリンク

【民法判例】遺言書中の特定の条項の解釈 (昭和58年3月18日最高裁)

遺言書中の特定の条項の解釈

(昭和58年3月18日最高裁)

事件番号  昭和55(オ)973

 

この裁判では、

遺言書の解釈について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

遺言の解釈にあたっては、

遺言書の文言を形式的に判断するだけではなく、

遺言者の真意を探究すべきものであり、

遺言書が多数の条項からなる場合に

そのうちの特定の条項を解釈するにあたっても、

単に遺言書の中から当該条項のみを他から切り離して

抽出しその文言を形式的に解釈するだけでは十分ではなく、

遺言書の全記載との関連、遺言書作成当時の事情及び

遺言者の置かれていた状況などを考慮して

遺言者の真意を探究し当該条項の趣旨を

確定すべきものであると解するのが相当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

民法判例(親族・相続)をわかりやすく解説


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク