リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【民法判例】食肉販売の営業許可を受けない者のした食肉買入契約の効力 (昭和35年3月18日最高裁)

食肉販売の営業許可を受けない者のした食肉買入契約の効力

(昭和35年3月18日最高裁)

事件番号  昭和33(オ)61

 

この裁判では、

食肉販売の営業許可を受けない者のした

食肉買入契約の効力について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

本件売買契約が食品衛生法による取締の対象に含まれるかどうかは

ともかくとして同法は

単なる取締法規にすぎないものと解するのが相当であるから、

上告人が食肉販売業の許可を受けていないとしても、

右法律により本件取引の効力が否定される理由はない

 

それ故右許可の有無は本件取引の

私法上の効力に消長を及ぼすものではないとした

原審の判断は結局正当であり、所論は採るを得ない

 

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

民法判例(総則)をわかりやすく解説コーナーへ

民法初学者の部屋へ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク