リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

リラックス一問一答 【民法】代理 

リラックス法学部

 

リラックス一問一答

 癒やし音楽を聴きながら、ふざけた絵で法律を覚えましょう(^^)

法学部生の方や、司法書士試験・行政書士試験など資格の勉強をしている方、

その他法律に興味がある方々に、休憩時間にでもリラックスしながら、ゆる~く

知識の整理にご覧いただければ幸いです。

 

 

リラックス一問一答 【民法】代理 

 

問題1.代理人が自己または第三者の利益のために、

本人の利益にならない行為をした場合(代理の権限内ではあるが、

権利の濫用にあたる場合)、本人は相手方に代理効果の無効を

主張できる?

 

答.相手方が代理人の権限濫用の意図を知り、

または知る事ができた場合に限り、

無効を主張できる。(93条ただし書き類推適用)

 

問題2.代理人が本人のためにする事を

示さないでした意思表示の結果はどうなる?

 

答.代理人自身のためにしたものとされる。

ただし、相手方が本人のために意思表示したものと知っていたか、

知る事ができた場合は、本人との間に代理の効果が帰属する。

 

問題3.代理行為に瑕疵がある場合とはどのような場合か?

 

答.意思の不存在、詐欺・脅迫による意思表示、

ある事情を知っている、知らない事に過失があるため

代理行為の効力が影響を受ける場合。

 

問題4.代理行為の瑕疵は本人・代理人どちらを基準に判断するのが原則?

 

答.代理人。

ただし例外として、ある特定の行為をする事が本人の意思によって

決定されていた場合は、本人が知っていた事情や過失によって知らなかった

事情について、代理人の不知や無過失を主張できない。

 

問題5.代理人が相手方の詐欺によって意思表示した場合、

本人は詐欺の事実を知っていた時でも、取消しできる?

 

答.原則、本人は取消権を行使できる。

ただし、特定の行為を指示して、

代理人がその指示に基いて契約したなどの事情があれば、

取消権が行使できないと解される。

 

 

リラックス一問一答トップへ 


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク