リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

停止条件と解除条件、不法条件、不能条件、純粋随意条件について解説

リラックス法学部 > 初学者の部屋 > 停止条件と解除条件について解説

 

「条件」「期限」という言葉がありますが、法律の世界でつかわれる

これらの言葉の意味をわかりやすく解説していきたいと思います。

 

条件

条件とは、「発生することが不確実なもの」です。

例えば、「試験に合格したら」「試合に勝ったら」

というようなものです。

 

契約にこの条件をくっつけることができます。

条件が成就したらそこから法律行為の効果が発生するものを

「停止条件」といい、

条件が成就したら法律行為の効果が消滅するものを

「解除条件」といいます。

 

(条件が成就した場合の効果)

第百二十七条  停止条件付法律行為は、停止条件が成就した時からその効力を生ずる。

2  解除条件付法律行為は、解除条件が成就した時からその効力を失う。

3  当事者が条件が成就した場合の効果をその成就した時以前にさかのぼらせる意思を表示したときは、

その意思に従う。

 

すでに成就している条件を既成条件といいます。

条件が契約当時成就していたのであれば、

停止条件付契約は、無条件

解除条件付契約は、無効

となります。

言葉のパズルといいますか、あたり前の事を言っているだけですが、

これだけで端的に「すでに成就している条件を付した停止条件付契約は無効である(◯か✕か)」

という問題も試験では出たりするので、注意しましょう。

 

条件につけてはいけないものとして、民法は3つ規定しています。

この3つを条件にした場合、その契約は無効になります。

①不法条件②不能条件③純粋随意条件

 

①不法条件

不法条件は「Xを殺したら1億円払う」

というようなものです。

不法行為をしないことを条件とするものも無効となります。

 

②不能条件

これは無理な条件をつけることです。

「織田信長を生き返らせたら1億円支払う」

というようなものです。

 

③純粋随意条件

こちらは債務者の気分次第ということです。

「気がむいたら1億円あげる」というものです。

 

(不法条件)

第百三十二条  不法な条件を付した法律行為は、無効とする。

不法な行為をしないことを条件とするものも、同様とする。

(不能条件)

第百三十三条  不能の停止条件を付した法律行為は、無効とする。

2  不能の解除条件を付した法律行為は、無条件とする。

(随意条件)

第百三十四条  停止条件付法律行為は、その条件が単に債務者の意思のみに係るときは、無効とする。

 

また、条件として付けてはいけない行為として、

婚姻、離婚などの身分行為も公序良俗に反して認められません。

「今の妻と離婚したら君と結婚する」

というようなものです。

 

また、取消し、追認、解除といった一方の意思表示のみで成立法律行為を

「単独行為」といいますが、このような単独行為を条件にすることも認められません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

試験対策・要点まとめコーナートップへ


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。