リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

債権についてわかりやすく解説

リラックス法学部 > 初学者の部屋 > 債権について解説

 

債権とは?

債権とは特定の人に対して一定の行為をすること、あるいはしないことを

請求する権利のことです。

 

債権は意思による契約によって発生する場合もありますし、

意思に基づかずに、事務管理、不当利得、不法行為といったものによって

発生する場合もあります。

事務管理、不当利得、不法行為については、

それぞれ別個の回を設けて説明しますが、簡単にそれぞれ説明します。

 

事務管理とは、法律上の義務がないのに、

他人のためにその事務を処理する行為です。

お隣さんが旅行中に、お隣さんの家の屋根が損傷している事に気づき、

業者に頼んで勝手に直してあげるような行為です。

 

不当利得は、法律上の原因なく財産的利得を得て、

これによって他人に損失を及ぼした者に、

利得の返還を請求できるという制度です。

 

不法行為は、故意または過失によって他人に損害を及ぼす行為で、

加害者がその賠償すべき義務を負うものです。

 

債権の目的

「債権の目的」とは、債務者の履行行為(給付)の

内容のことをいいます。

「債権の目的物」という言葉もありますが、

「債権の目的」とは異なりますので、注意が必要です。

例えば、買主ヨネヤマと売主マキノが売買契約を交わし、

「1月1日に富士山頂で松本孝弘モデルのギブソンのギターを渡す」

という契約をした場合、

「債権の目的物」

「松本孝弘モデルのギブソンのギター」を指します。

「債権の目的」

「1月1日に富士山頂で松本孝弘モデルのギブソンのギターを渡す」

という、期日、場所、モノを含めたものを指します。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ


【民法】試験対策要点まとめコーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。