リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

執行機関多元主義とは?わかりやすく解説

普通地方公共団体の執行機関とは、独自の執行権限を持ち、

その権限に属する事務に関し、

規則その他の規程を定めることができる機関です。

 

普通地方公共団体の執行機関は、

首長の他、長から独立した地位・権限を有する

委員会や委員(教育委員会や公安委員会、

選挙管理委員会、監査委員など)などです。

 

執行機関多元主義とは、

執行機関の権力を長や1機関に集中させず、

分散させるというものです。

 

それぞれが独立して事務を処理することで、

1機関への権力の集中を排除し、行政運営の公正妥当を図り、

それぞれの機関の目的に応じ、行政の中立的な運営を確保して

住民の直接参加による機関により、

行政の民主化を確保することが目的です。

 

とは言え、執行機関それぞれが完全に独立して、

好き勝手やってはメチャクチャになりますので、

普通地方公共団体の長の所轄の下に、

執行機関相互の連絡を図り、

すべて、一体として、行政機能を

発揮するようにしなければならないとされています。

 

 

普通地方公共団体の長は、当該普通地方公共団体の

執行機関相互の間にその権限につき疑義が生じたときは、

これを調整するように努めなければならないとされています。

 

行政法をわかりやすく解説コーナートップへ

行政法の試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク