リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

売主の瑕疵担保責任の試験対策、要点まとめ

売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは、

売主は担保責任を負います。(瑕疵担保責任)

 

買主は、売主に対して

損害賠償の請求、契約の解除をすることができます。

 

売主は、瑕疵について無過失責任を負います。

ですから、売主は瑕疵について無過失や、

じゅうぶんに注意をしていたにも関わらず

自分も瑕疵を見つけられなかったと主張しても、

瑕疵担保責任を負うことになります。

 

「隠れた瑕疵」ですから、買主は善意・無過失でなければ、

瑕疵担保責任を追及することができません。

 

不特定物売買の場合の瑕疵担保責任

不特定物の売買で目的物に瑕疵があった場合は、

原則として債務不履行の問題となります(瑕疵のない物と交換せよという主張)が、

例外として、不特定物売買でも、

買主が瑕疵あるものを履行として認容し。

受領した後は、売主に瑕疵担保責任が生じるとされた判例もります。

 

債権の売買の瑕疵担保責任

債権の売買についても、瑕疵担保責任は生じますが、

債務者の資力については、特約がなければ担保しません。

 

債務者の資力を担保する特約がある場合、

契約の時における資力を担保したものと推定します。

弁済期に至らない債権の売主が債務者の将来の資力を担保したときは、

弁済期における資力を担保したものと推定します。

 


スポンサードリンク