リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

民法 債権者代位権(423条)判例集

リラックス法学部 判例集 > 民法 債権者代位権(423条)判例集

 

債権者代位権(423条)判例集

 民法423条

 

 

 民法423条関連判例

 

 ・特定物に関する債権を保全するための代位権は、

 債務者が無資力でなくても行使する事ができる。

 (大判明治43・7・6)

 

 ・債務者がすでに自ら権利を行使している場合には、その行使の方法または

 結果の良し悪しににかかわらず、債権者は債権者代位権を行使することはできない。

 (最判昭和28・12・14)

 

 ・売主がまだ登記を経ていない不動産(保存登記をしていない)の買主は、

 売主に対する移転登記請求権を保全するため

 売主に代位して所有権保存登記手続をなす事ができる。

 (大判大5・2・2)

 

 ・売主の土地所有権移転登記義務を共同相続した者のうちAが

 この義務の履行を拒絶しているため、買主Bが同時履行の抗弁権により、

 代金全額の弁済を拒絶している場合には、他の相続人は

 自己の相続した代金債権を保全するため、

 Bが無資力でなくても、Bに代位してAに対して

 Bへの所有権移転登記手続を請求できる。

 (最判昭和50・3・6)

 

 ・債権者が代位の行使をするためには、

 債務者に対しその権利行使を催告して

 債務者がこれに応じない事を要しない。

 (大判昭和7・7・7)

 

 ・建物賃借人は、賃貸人に代位して、建物の不法占拠者に対して、

 直接自分に建物の明渡しをする事を請求する事ができる。

 (最判昭和29・9・24)

 

 ・債権者代位権行使の着手があって、

 その旨の通知ないし債務者の了知があれば、

 債務者は代位の目的の債権を行使できなくなる。

 (大判昭和10・3・12)

 

 

 ・協議や審判等で財産分与請求権の具体的内容が形成される前に、

 分与を受ける事をできる者がこの請求権を保全するために、分与を請求すべき者に

 属する権利を代位行使することはできない。

 (最判昭和55・7・11)

 

 

 ・債権者が債務者に対する金銭債権に基いて

 債務者の第三債務者に対する金銭債権をを代位行使

 できるのは、自分の債権額の範囲に限られる。

 (最判昭和44・6・24)

 

 ・代位訴訟の既判力は債務者に及ぶ。代位による請求訴訟によって

 代位の目的たる債権の時効は中断される。

 (大判昭和15・3・15)

 

 

 ・遺留分減殺請求権は、行使上一身専属権を有するから、

 遺留分権利者が、これを第三者に譲渡するなど、

 権利行使の確定的意思を有する事を

 外部に表明したなど特別の事情がある場合を除いて、

 債権者代位権の目的とする事はできない。

 (最判平成13・11・22)

 

 

 ・抵当権者は抵当不動産の所有者に代位して不法占有建物の妨害排除を求める場合、

 所有者のために当該建物を管理する事を目的として、

 直接自分に明け渡すように請求する事ができる。

 (最判平成11・11・24)

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。