リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 履行期と履行遅滞(412条~414条)に関する有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 > 民法 履行期と履行遅滞(412条~414条)判例集

 

民法412条

 民法412条関連判例

・出世払いの約束で、所定の事実の確定における

弁済期が到来した(つまり出世した)場合でも、

債務者が遅滞に陥るのは、その事を知った時からである。

(大判大4・12・1)

 

・不法行為に基づく損害賠償債務は、

損害発生と同時に遅滞に陥る。

(最判昭和37・9・4)

 

民法413条

民法413条関連判例

・受領遅滞の場合、

債務者は約定利息の支払いを免れる。

(大判大5・4・26)

 

・債務者が債権者の受領遅滞を理由として

契約解除をすることは、

特段の事情がなければ許されない。

 (最判昭和40・12・3)

 

 民法414条

 

民法414条関連判例

・婚姻予約に基づく債務は、

強制執行を許さない。

(大連判大4・1・26)

 

・夫婦別居の義務については、

間接強制は許されない。

(大決昭和5・9・30)

 

・間接強制は直接強制できる債務に

ついては許されない。

(大決昭和7・7・19)

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク