リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 相続の承認及び放棄(915条~919条)に関する有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 > 民法 相続の承認及び放棄(915条~919条)判例集

 

 民法915条

民法915条関連判例

・「自己のために相続の開始が

あったことを知った時」とは、

相続開始の原因たる事実(つまり被相続人の死亡)を知り、

かつ、自分が相続人である事を知った時を指す。

(大決大15・8・3)

 

・本条一項の3ヶ月の期間は各相続人それぞれが

自分のために相続が開始した事を知った時から、

各別に進行する。

(最判昭和51・7・1)

 

民法916条 

民法916条関連判例

・Aの相続人Bが承認または

放棄をしないまま死亡した場合、

Bの相続人Cは、

Bの相続について放棄していない時は、

Aの相続について放棄する事ができる。

 

その後にCがBの相続を放棄したとしても、

Cが再転相続人たる地位に基いて

Aの相続についてした放棄の

効力がさかのぼって無効になることはない。

(最判昭和63・6・21)

(リラックスヨネヤマからコメント…

つまりA→B→Cと相続の流れがあって、

最初にA→BをBの相続人として

Cが放棄したけれども、

その後にB→Cの相続を放棄した時に、

Cは初めからBの相続人ではない事になるから、

最初のA→BをBの相続人として放棄した行為は

無効になるんじゃないかと思うが、

そうはならずに、Cがした

Aの相続放棄の効果は維持されるという事です)

 

民法判例集トップへ

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク