リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 相隣関係(210条~213条)に関する有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 > 民法 相隣関係(210条~213条) 判例集

 

民法210条

民法210条関連判例

・袋地の所有権を取得した者は、

所有権の登記を経由していなくても、

囲繞地の所有者や利用権者に対して、

囲繞地通行権を主張する事ができる。

(最判昭47・4・14)

 

民法211条

民法212条関連判例

・賃借している農地を含む土地が

分筆され譲渡されたことにより、

この農地が袋地となった場合、

本条の準用により農地を賃借している者は、

この土地につき通行権がある。

ただし単なる占有者には本条の準用は許されない。

(最判昭36・3・24)

 

 

・本条による残余地の囲繞地通行権は、

残余地の所有者がこの土地を第三者に譲渡した場合も、

消滅しない。(最判平2・11・20)

 

 

・土地の所有者が一筆の土地を分筆して、

それぞれを同時に数人に譲渡した事によって、

袋地が生じた場合、袋地の取得者はこの分筆前に

一筆の土地だった残余の土地についてのみ

囲繞地通行権を有するにすぎない。

(最判昭37・10・30)

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク