リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

民法 遺言(968条)判例集

リラックス法学部 判例集 >民法 遺言(968条)判例集

 

遺言(968条)判例集

 

民法968条

 

民法968条関連判例

 

・氏名の自書とは、遺言者が誰であるか疑いのない程度の表示であれば足りる。

必ずしも氏名を併記する必要はない。

(大判大4・7・3)

(リラックスヨネヤマからコメント…

通称やニックネームでも疑いなく特定できれば

遺言が効力を有します。でもいろいろ面倒なので、遺言書は本名で書きましょう。)

 

・自筆証書遺言は数枚にわたるときでも、一通の遺言書として作成されている時は、

その署名・捺印は一枚にされていれば足りる。

(最判昭和36・6・22)

(リラックスヨネヤマからコメント…

数枚の遺言書をホッチキスなどで止めて

割印などしなくてもよいという事です。

補助者などで実務をされている方は、遺産分割協議でも契約書でも

たいてい割印が必要なので、意外な印象の判例と思うと思いますが、

試験問題でミスらないようにしましょう。)

 

・自筆証書遺言の押印は指印でもよい。

(最判平1・2・16)

 

・自筆証書遺言の日付として「吉日」と記載されていた場合、

本条一項の日付の記載を欠くものとして

無効である。

 

・遺言者の震える手を支える程度の他人の補助で

書いたものも自書の要件を充たし、有効である。

(最判昭和62・10・8)

 

民法判例集トップへ

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ 

試験対策・要点まとめコーナー


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。