リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法条文 第1条~第32条-2

リラックス法学部  リラックス条文 >民法条文 第1条~第32条-2

 

民法は私法関係に適用される

最も一般的な法律であり、

私法の一般法であるといわれています。

 

一般法とは、各種の特別法の領域に

共通される規定が置かれているという事です。

 

例えば、民法に対して

特別法の関係にあるものは

商人間の取引についての商法、

労働関係についての労働基準法、

借地借家関係についての借地借家法などがあります。

 

つまり、民法がその大枠を規定して

各種の特別法で事細かな部分を

規定している関係にあるという事です。

 

ですので、民法という法律は

抽象的な規定の仕方が多いのですが、

特に冒頭部分の民法総則に

抽象的な規定が集まっています。

 

ですので、民法を勉強し始めた人にとって、

あまりにも抽象的で

イメージしにくいところも多いと思いますが、

民法を一通り学んだ後に、

読み返すと徐々に

イメージしやすくなっていくのではないでしょうか。

 

ですので、ぜひとも

民法の学習が進むにつれて、

何度も総則を見直し、

民法の理解を深めていって

いただければと思います。

 

こちらに癒やしの音楽にのせた

条文動画を用意しましたので、

日々の学習の休憩時間や空き時間に

リラックスして条文に目を通していただければと思います。

 

リラックス条文 第1条~第32条-2 癒やし音楽を聴きながら条文を頭に染み込ませましょう

 


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク