リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

質権、抵当権、根抵当権の規定民法第342条~第398条-22のポイントをわかりやすく解説

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第342条~第398条-22

 

民法第342条~第398条-22

 第342~368条までは質権を

369条から398条が抵当権、

398条の2~22までが

根抵当権を規定しています。

 

質権、抵当権は行政書士試験、司法書士試験、

その他民法が出題されるどんな試験でも

非常に重要なポイントです。

 

量、質ともにボリュームがありますので、

条文を何度も読み込んで

徐々に理解を深め、

知識の精度を高めていきましょう。

 

まずは、質権ですが、

342条~351条が質権総則、

352~355条が動産質、

356条~361条が不動産質、

362~368条が権利質となっています。

 

質権が成立する要件、被担保債権の範囲、

転質について、まず質権という物権

の総則をしっかり固めましょう。

 

留置権、先取特権の準用規定もありますので

それらの条文も参照して、共通点を整理する事で、

効率的に知識を整理しましょう。

 

動産質の対抗要件、占有の回復について、

不動産質の使用及び収益について、

費用の負担など、それぞれの質権の特徴を

しっかりと覚えましょう。

 

また、ここで重要な年数が出てきます。

不動産質の存続期間について、

何年まで設定できるのか、

もしその期間を超える期間を設定した場合

どのような扱いになるのか、

しっかりと覚えましょう。

(256条にも期間の規定がありましたね。

記憶があやふやな場合は必ず確認しましょう!)

 

スポンサードリンク


 

抵当権、根抵当権は

質・量かなりのボリュームです。

 

何度も何度でも読み込みましょう。

 

ここで例をあげるまでもなく、

どれもこれも重要な規定ばかりですので、

ひとつひとつ丁寧に学習していきましょう。

 

根抵当権に関しては初学者の方は

なかなかイメージがつかみにくいかもしれませんが、

まず抵当権の理解を高めてから、

「今はわからなくても、そのうちだんだんわかるだろう」

とリラックスして臨んでもよいと思います。

 

司法書士試験の受験生の方にとっては、

民法の規定とあわせて、

不動産登記法の知識もあわせて整理していきましょう。

 

元本の確定事由を正確に覚えていないと

登記の判断もできない事になります。

 

被担保債権の範囲、債務者、極度額を

変更をする際に誰の承諾が必要で、

登記申請の際に添付書類に

何が必要になるのか、しっかり整理しましょう。

 

 リラックス条文 民法条文342条~351条

癒やし音楽を聴きながら、法律を覚えましょう。

司法書士試験・行政書士試験をはじめ、その他、法律を勉強している方に休憩時間

にリラックスして知識の整理にご覧いただければ幸いです。

 

 リラックス条文 民法条文352条~368条

 

 

 

リラックス条文 民法条文369条~398条

 

 

リラックス条文 民法条文398条の2~22【根抵当権】

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク