リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法債権編第466条~第520条のポイントについてわかりやすく解説

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第466条~第520条

民法第466条~第520条

 

民法第466条~467条は債権譲渡、

474条~493条は弁済の総則、

494条~498条は弁済の目的物の供託、

499条~504条は弁済による代位、

505条~512条は相殺、513条~518条は更改、

519条が免除、520条が

混同を規定しています。

 

467条の債権譲渡の対抗要件の規定は非常に重要ですので、

しっかりと債権譲渡の対抗要件を把握しましょう。

 

474条からの弁済については

第三者の弁済が有効にならない場合を

しっかりと覚えておきましょう。

 

また「利害関係を有する者」

とはどんな者か、

判例で確認しましょう。

 

(利害関係を有する者とは、

弁済をする事に法律上の利害関係を

有する第三者をいいます。)

 

債権の準占有者に対する弁済が

有効になるための要件も確認しておきましょう。

 

代物弁済の規定は、司法書士試験において

不動産登記とのからみでも重要な規定です。

 

不動産所有権の譲渡をもって代物弁済をする場合、

単に所有権移転の意思表示を

なすのみでは足りず、

所有権移転登記その他引き渡し行為の完了によって

効力が生じますので注意しましょう。

 

494条からの供託についての規定は

司法書士試験においては供託も試験科目ですので、

民法での規定もしっかりとおさえておきましょう。

 

499条以降の弁済による代位の規定も重要です。

 

任意代位、法定代位、要件を

きちんと覚えましょう。

 

相殺、更改、免除、混同も条文の数は

少ないのでしっかりと読み込みましょう。

 

スポンサードリンク


 

リラックス条文 民法条文466条~473条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強

 癒やし音楽を聴きながら、法律を覚えましょう。

司法書士試験・行政書士試験をはじめ、その他、法律を勉強している方に休憩時間

にリラックスして知識の整理にご覧いただければ幸いです。

 

 

リラックス条文 民法条文474条~493条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強

 

 

リラックス条文 民法条文494条~520条 癒やし音楽を聴きながら法律勉強

 

 

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー

 


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク