リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

行為請求権説・認容請求権説についてわかりやすく解説

リラックス法学部 > 初学者の部屋 > 行為請求権説・認容請求権説についてわかりやすく解説

 

 

物権とは、物を直接支配する権利ですが、その性質からにじみ出る3つの

物権的請求権がありました。

①物権的返還請求権(「私の物を返して」という権利)

②物権的妨害排除請求権 (「私の土地からあなたの物よせて」という権利)

③物権的妨害予防請求権(「あなたの物が私の土地に入ってきそうだから対策取って」という権利)

 

と、このように物権からはこのような3つの権利がにじみ出ています。

 

ここで、1つ問題となりそうな事があります。

 「費用はどっち持ち?」

 

という点です。

例えば地震によって、

お隣さんの、ロダンの「考える人」の彫刻があなたの庭に倒れこんできたとします。

この際、あなたは土地の所有権(物権)に基いて、

②の「『考える人』をよせてくれ」という権利があるわけですが、

お隣さんにも

①の「『考える人』を返してくれ」

という権利があるわけです。

 

『考える人』は素人が動かせるようなものではなく、

 業者に頼んでよせてもらわなければなりません。

 

この業者に払う費用はどっち持ちになるのでしょうか?

 

これには主に2つの説があります。

 ①行為請求権説 ②認容請求権説

 

 ①行為請求権説 

こちらは物権的請求権は「相手の行為を請求する権利」と考え、

相手に「行為」を請求して、費用も相手持ち

という考え方です。

ですので、あなたはお隣さんに、

「『考える人』をよせてくれ」

と言えば、お隣さんの費用で『考える人』をよせることになります。

逆にお隣さんが

「私の『考える人』を返して」

と言ったら、

あなたの費用で、「考える人」をよせなければいけないことになります。

 

そう、つまり、

早い者勝ちになるのです。

 

これがこの説の欠点ですが、

こちらが判例となっています。

 

 ②認容請求権説

もうひとつの説は、物権的請求権は、

「相手方にこちらの行為を認容してもらうという権利」と考えるという説です。

こちらの説ですと、

「あなたの『考える人』をよせますよ」

「あなたの土地から『考える人』を救出しますよ」

と、相手に認容してもらい、

費用は自分持ちということになります。

 

という2つの説があり、判例は①の行為請求権説を取っているわけですが、

行為請求権説を少し修正した、

修正行為請求権説というものもあり、少し説明いたします。

余裕がある方はついてきてください。

 

こちらは原則としては行為請求権説(早いもの勝ちで相手負担)ですが、

例外として、

「相手方の行為によらないで、相手方が占有を取得」したのであれば、

相手方は認容義務のみを負うにとどまるというものです。

 

『「あなたの行為で占有を取得」したのでなければ、

あなたは認容義務のみを負うにとどまる』

という例で説明します。

 

今回の件では、地震という自然災害で、お隣さんの「考える人」が

倒れこんできたので、

あなたの行為で占有を取得したわけではありません。

この場合は、お隣さんが先にあなたに物権的請求権を行使したとしても、

「『考える人』を回収するので土地に入ることをお許し下さい」と

あなたの認容を請求する権利にとどまり、

費用もお隣さん持ちということになります。

 

逆にあなたが先にお隣さんに妨害排除請求権した場合

(「『考える人』をよせて」と言った場合)は、

行為請求権説の原則どおり、

あなたはお隣さんに『考える人』をよせる行為を請求でき、

費用もお隣さんの負担となります。

 

ちょっとややこしかったかもしれませんが、

自分の庭に、自分のしわざでなく他人のものが入ってきて、

「早い者勝ちで費用負担」はひどいのでは?

という気持ちから生まれた修正案とお考えください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。