リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

NPO法人とは?わかりやすく解説

リラックス法学部 Q&A&手続き > NPO法人とは

 

今回はNPO法人とはどんな組織なのか?

という概要を説明していきます。

 

名前はよく聞くけれど、

どんなものかわからないという方に

参考にしていただければ幸いです。

 

「NPO」とは、

「Nonprofit Organization」

「Not-for profit Organization」の略で、

特定非営利活動促進法に基づいて、

民間が非営利で公益を目的とする法人で、

特定非営利活動法人ともいいます。

 

「営利を目的にしない」とは?

「非営利」とは利益を上げてはいけない

という意味ではありません。

 

また、無償でサービス等を

提供しなければならないという意味でもありません。

(役所にもたまに

「NPOに相談したらお金を取られた」

とクレームもあるようですが、

NPOがお金を取って活動をする事自体は

違法な事ではありません。)

 

NPO法人も活動費が必要ですから、

運営していくにあたって利益を上げる事も必要です。

 

団体の活動で上がった収益は事業費、

人件費(職員の方の給料は出す事ができます)、

交通費など必要経費に充て、

さらに剰余金(利益)が生じた場合でも

構成員に分配することはできません。

 

この利益は、

次年度に使わなければならない。

 

これが「非営利」の意味だと

ご理解ください。

 

スポンサードリンク


 

NPOとボランティアの違い

ボランティアは個人が進んで行い、

金銭的な見返りを求めないものを多くの場合指しますが、

NPOはよりよい社会づくりのために活動を行う組織で、

規約をもち、役員などの組織体制を整えて

活動を行う団体です。前述のように職員に

給料を払う事もできますし、

利益を上げてそれを活動費に回す

という活動を行う団体です。

 

NPOとNPO法人

「NPO」とは、非営利組織全般を指して、

「NPO法人」は特定非営利活動促進法(NPO法)に基いて

設立された法人の事を言います。

 

法人格をもたない団体が

「NPO」と名乗る事もあるという事です。

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

 ・NPO法人の活動の条件

 ・NPO法人のメンバー

 ・NPO法人・株式会社・一般社団法人の違い

 ・認定NPO法人とは?


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク