スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

条文の大切さ(テキストでわかりやすく解説されているのに六法を買って条文を読む必要あるの?)


【法学用語】「同時死亡の推定、同時存在の原則」を手短に簡単に解説

同時死亡の推定

同時死亡の推定とは、

死亡の前後がわからない場合に、

同時に死亡したものと推定するという原則のことで、

例えば、交通事故などで、

数人の者が死亡した場合において、

そのうちの一人が他の者の死亡後になお

生存していたことが明らかでないときは、

これらの者は、

同時に死亡したものと推定するというものです。

(死亡の前後で、誰が相続人になるか、

あるいは相続分が変わってくる場合があるので、

死亡の順序は重要です。)

 

「推定」ですので、

死亡の順序が証明された場合は、

この推定を覆すことができます。

 

この場合の証明は、

よほど明確なものでなければならないとされていますが、

わずかでも時間的な差があることが証明されれば、

推定は覆されます。

 

同時存在の原則

同時存在の原則とは、

被相続人が死亡した時点で、

生存している人物のみ相続人となるという原則です。

 

ですので、同時死亡の推定が働いた場合は、

両者の間で、相続は発生しないことになります。

 

例外として、胎児については、

相続について、すでに生まれたものとみなされ、

相続をすることができます。


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

条文の大切さ(テキストでわかりやすく解説されているのに六法を買って条文を読む必要あるの?)


スポンサードリンク

関連記事