スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

条文の大切さ(テキストでわかりやすく解説されているのに六法を買って条文を読む必要あるの?)


【法学用語】「当事者主義」を手短に簡単に解説

当事者主義とは、訴訟において、

事案の解明や証拠の提出に関する主導権を当事者に委ね、

訴訟当事者の主張、立証を基本として、

裁判所は中立的な審判者としての地位で

訴訟が行われるという原則のことです。

(これに対する概念が、

訴訟手続における主導権を

裁判所が持つ職権主義です。)

 

民事訴訟においては、

当事者主義の内容として、

処分権主義、弁論主義という形で

確立しています。

 

刑事訴訟においては、

裁判所が公正中立的な審判者としての地位で、

当事者主義がとられ、

起訴状一本主義や、訴因制度などが

当事者主義の表れとされています。


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

条文の大切さ(テキストでわかりやすく解説されているのに六法を買って条文を読む必要あるの?)


スポンサードリンク

関連記事