リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【消費者法判例】欠陥住宅に対する損害賠償請求と居住の損益相殺 (平成22年6月17日最高裁)

欠陥住宅に対する損害賠償請求と居住の損益相殺

(平成22年6月17日最高裁)

事件番号  平成21(受)1742

 

この裁判では、

 売買の目的物である新築建物に重大な瑕疵があり

これを建て替えざるを得ない場合に,買主からの

工事施工者等に対する不法行為に基づく

建て替え費用相当額の損害賠償請求において

買主が当該建物に居住していたという利益を

損益相殺等の対象として損害額から控除することの可否について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

売買の目的物である新築建物に重大な瑕疵があり

これを建て替えざるを得ない場合において,

当該瑕疵が構造耐力上の安全性にかかわるものであるため

建物が倒壊する具体的なおそれがあるなど,

社会通念上,建物自体が社会経済的な価値を有しないと

評価すべきものであるときには,

上記建物の買主がこれに居住していたという利益については,

当該買主からの工事施工者等に対する

建て替え費用相当額の損害賠償請求において

損益相殺ないし損益相殺的な調整の対象として損害額から

控除することはできないと解するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク