リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【経済法判例】JASRAC事件(排除効果と人為性) (平成27年4月28日最高裁)の要点をわかりやすく解説

JASRAC事件(排除効果と人為性)

(平成27年4月28日最高裁)

事件番号  平成26(行ヒ)75

 

この裁判では、

音楽著作権の管理事業者が放送への利用の許諾につき

使用料の徴収方法を定めるなどの行為が,

独占禁止法2条5項にいう「排除」の要件である

他の事業者の参入を著しく困難にする効果を有するかについて

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

本件行為が独占禁止法2条5項にいう

「他の事業者の事業活動を排除」する行為に該当するか否かは,

本件行為につき,自らの市場支配力の形成,維持ないし

強化という観点からみて正常な競争手段の範囲を

逸脱するような人為性を有するものであり,

他の管理事業者の本件市場への参入を著しく

困難にするなどの効果を有するものといえるか否かによって

決すべきものである。

 

そして,本件行為が上記の効果を

有するものといえるか否かについては,

本件市場を含む音楽著作権管理事業に係る市場の状況,

参加人及び他の管理事業者の上記市場における地位及び

競争条件の差異,放送利用における音楽著作物の特性,

本件行為の態様や継続期間等の諸要素を

総合的に考慮して判断されるべきものと解される。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例コーナートップへ


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク