リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

法律の効力はいつから発生するのか?法律不遡及の原則についてわかりやすく解説

法律の効力の発生時期

法律は原則として

衆議院と参議院で議決をして

成立しますが、成立した瞬間に

効力が発生するわけではありません。

 

成立した法令を国民が

知ることができる状態に置くことを

「公布」といいますが、

通常、官報に掲載されることによってされます。

 

法令の効力が発動し作用することを

「施行」といいますが、

別段の施行期日が定められていない場合は、

公布の日から起算して20日を

経過した日に施行されます。

(実際には法律や条例等の附則において

施行期日が直接又は間接的に

定められているのが一般的です。)

 

法律不遡及の原則

法令は原則として将来に向かって適用され、

新法を過去の出来事にさかのぼって

適用することができないとする原則を

法律不遡及の原則といいます。

 

ただし、重要な公益上の必要がある場合に、

明文の規定があれば過去の時点に

さかのぼって適用することができるという

例外が認められる場合もあります。

 

なお、刑罰法規については、

遡及的適用が禁止されています。

 

行政書士試験の基礎法学・一般知識対策コーナー

 

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋

【民法】試験対策・要点まとめコーナー

【行政法】試験対策・要点まとめコーナー

【憲法】試験対策要点まとめコーナー

行政書士試験についての情報コーナー


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク