リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

行政試験対策で基礎法学、一般知識をガッツリ勉強すべきか?

 行政書士試験では、

憲法、民法、行政法、

商法・会社法といった法令科目の他、

政治・経済・社会、情報通信、

個人情報保護、文章理解といった

一般知識についての問題も出題されます。

 

行政書士試験の合格ラインは、

試験全体で300点中180点ですが、

厄介なことに一般知識科目で足切りがあります。

 

総合点で180点以上でも、

一般知識科目で

56点中24点以上(14問中6問以上)を

とらなければ不合格になってしまいます。

 

試験対策として圧倒的に重要なのはもちろん、

民法、行政法を中心とした法令科目です。

 

こちらができていなければ話にならないので、

試験対策は法令科目を徹底的にするべきです。

 

このサイトの別のコラムで私は、

一般知識科目の勉強は

一切しなくてもいいとまで言いました。

実際、私が受験した際も、ほぼ一般知識対策の勉強はしていません。

(実際の試験ではたしか14問中8問か9問で無事足切りクリアしました)

 

スポンサードリンク

 

一般知識対策は”ほぼ”していないのですが、

完全にゼロかといったら、

完全にゼロではありません(笑)

 

やはり、この一般知識の足切りが

どうしても気がかりに

なってしまうんですよね~。

 

何もしないというのは

さすがに不安だったので、

過去問5年ぶんの問題は目を通して、

どのような問題が出るかの

心構え程度は準備しました。

 

幸い、文章理解という問題が3問出題されますので、

こちらは知識がなくても

現場の思考でなんとかなるなと思い、

あとはテキストに記載されていたもので、

一応、中学か高校の社会科でやった程度の

知識の確認はサラッとしておきました。

 

終わってみたら、

やはり実際その程度で

じゅうぶんだったなと思いますし、

5択の問題で14問中6問正解すればいいので、

ハードルとしては全く高くないのですが、

でも、やる前は

その低いハードルにつまづかないか心配に

なるもんなんですよね~(笑)

 

そこで、何もしないのは不安だという方のために、

リラックス法学部でも一般知識対策コーナーを

こしらえてみることにしました。

 

メインの法令科目の対策コーナーも充実していますので、

そちらをしっかりとご覧になっていただいた上で、

まあ、息抜き程度に読んでいただければと思います。

それではこちらからどうぞ↓

行政書士試験の基礎法学・一般知識対策コーナー

 

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋

【民法】試験対策・要点まとめコーナー

【行政法】試験対策・要点まとめコーナー

【憲法】試験対策要点まとめコーナー

行政書士試験についての情報コーナー


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク