リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

地方公共団体の議会の議長についてわかりやすく解説

地方公共団体の議会の代表で、

議会を主宰するのが、

「議長」です。

 

普通地方公共団体の議会は、

議員の中から議長及び副議長一人を

選挙しなければなりません。

 

なお、この場合に議長の職務を行う者がないときは、

年長の議員が臨時に議長の職務を行います。

 

議長は、議場の秩序を保持し、

議事を整理し、議会の事務を統理し、

議会を代表します。

 

議案の可否は、出席議員の過半数により決まりますが、

可否同数の場合は、議長が決定することができます。

 

また、議長は、委員会に出席し、

発言することができます

 

普通地方公共団体の議会又は議長の処分又は

裁決に係る普通地方公共団体を被告とする訴訟については、

議長が当該普通地方公共団体を代表することになります。

 

議長及び副議長の任期は、議員の任期です。

 

議長に事故があるとき、又は議長が欠けたときは、

副議長が議長の職務を行います。

 

議長及び副議長にともに事故があるときは、

仮議長を選挙し、議長の職務を行わせます。

 

なお、この場合に議長の職務を行う者がないときは、

年長の議員が臨時に議長の職務を行います。

 

議会は、仮議長の選任を、

議長に委任することができます。

 

普通地方公共団体の議会の議長及び副議長は、

議会の許可を得て辞職することができます。

 

ただし、副議長は、議会の閉会中において辞職する場合は、

議長の許可を得ることが必要です。

 

行政法をわかりやすく解説コーナートップへ

行政法の試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク