リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

行政手続法とは?わかりやすく解説

リラックス法学部 行政法をわかりやすく解説 >行政手続法とは?わかりやすく解説

 

行政手続法は、行政手続きの過程を定めた法律です。

行政手続法という法律を定めた目的は、

行政運営の公正の確保と透明性の向上です。

 

要するに、行政手続法とは、

行政上の意思決定の過程を外側からでも

見えるようにオープンにするための基準を定め、

行政運営の公正の確保を実現し、

国民の権利利益を保護しようというコンセプトです。

 

行政手続法は、行政手続きの一般法で、

個別法に特別の定めがある場合は、個別法が優先します。

 

行政手続法の対象となる手続き

行政手続法の対象となる手続きは、

・処分(申請に対する処分および不利益処分)

・行政指導

・届出に関する手続き

・命令等を定める手続き

です。

 

行政手続法が適用されないもの

行政計画、行政調査、行政契約は

行政手続法の適用はありません。

 

また、地方公共団体の機関がする行政指導

地方公共団体の機関が命令等を定める行為には、

行政手続法は適用されません。

 

地方公共団体の機関がする処分、届出については、

処分の根拠が条例、規則にある場合に限り、

行政手続法は適用されません。

 

地方公共団体の機関がする処分、届出について、

その根拠が法律に基づくものであれば、

行政手続法が適用されます。 

 

行政法をわかりやすく解説コーナートップへ

行政法の試験対策・要点まとめコーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク