リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説


スポンサードリンク

「消長を来たす」「消長を来さない」の意味

リラックス法学部 リラックス解説 > 「消長を来たす」「消長を来さない」の意味

 

法律を勉強していると、条文でも判例でもテキストでも解説集でも、

あたりまえのように日常つかわないような言葉や、

日常つかう言葉でも意味が違う場合などがでてきます。

文章を読んでいて、わからない言葉が出てくると結構ストレスですよね。

辞書を引いても、一般の言葉の意味が書いているけれども、

これを法律上の文章でもその意味で読んでいいのかな?

と思う事もたくさんあります。

そんなときのお役に立てれば幸いです。

 

今回は

消長を来す

について説明したいと思います。

「しょうちょうをきたす」と読むわけですが、

「消長を来さない」という言葉で出会った人の方が多いかと思います。

 

辞書に載っている一般的な意味は「消長」は

「衰えたり盛んになったりすること」

という事です。

 

例えば法律関係の文章で

「被害者の承諾は〇〇罪の成否に消長を来さない」

というものがでてきたとして、

 

辞書の意味をそのまま当てはめて読んでも

 

「被害者の承諾は〇〇罪が成立するかしないかという事が、

衰えたり盛んになったりしない」

 

…まあ、

いわんとしているニュアンスはわからんでもないですよね、ブサイクですが(笑)

要するに

「消長を来す」は「影響を与える」

「消長を来さない」は「影響を与えない」

という意味で解釈していただければ、

法律の文章の読解に消長を来さないと思います

お後がよろしいようで。

 

という事で、もったいぶった説明をして、すみませんでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

試験対策・要点まとめコーナー


PlayStation4/Newニンテンドー2DSLL ドラクエⅪ 同梱版4/28予約開始!
サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】をリラックス法学部のヨネヤマが実際に購入して試してみました。