リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

まちづくり三法 改正の経緯と目的、ポイントについてわかりやすく解説

リラックス法学部 都市計画法をわかりやすく解説>まちづくり三法 改正の経緯と目的、ポイントについてわかりやすく解説

 

「まちづくり三法」とは、

大規模小売店舗立地法、中心市街地活性化法、

改正都市計画法

の3つの法律をいいます。

 

これらの法律は、ゾーニング(土地の利用規制)を促進し、

中心市街地の空洞化の進行を抑え、

生活環境への影響など社会的規制の側面から

大型店出店の新たな調整の仕組みを定め

市町村のまちづくり活動を有効に推進できるように、

平成10年~平成13年にかけて整備・施行された法律です。

 

かつて中小商業の保護を目的とした

大規模小売店舗法(大店法)という法律がありましたが、

国際化が進み、社会環境が変化してきたことに伴い、

この法律の妥当性に疑問の声が高まり、

大店法が廃止されるに至り、

新たに、大型店の開発、出店に際して

施設の配置や運営方法について

生活環境の保全の観点から調整する制度の

大規模小売店舗立地法(大店立地法)が

制定されました。

 

スポンサードリンク

 

しかし、この法律が制定されたことによって、

大型店が次々と郊外出店をし、

中心市街地の機能低下や

空洞化が懸念されました。

 

その状況に歯止めをかけ、

中心市街地の活性化をはかるべく、

市町村が中心市街地を活性化させるための

基本計画を策定し、国から認定された場合、

各種の支援策が講じられるという仕組みの

中心市街地活性化法が制定され、

さらに市町村が独自に

都市計画地域の用途を決定できるように、

都市計画法が改正されました。

 

しかしながら、これらの法律は、

期待された効果が得られず、

中心市街地の空洞化は

ますます進行していくという状況が続きました。

 

その状況をなんとか打開すべく、

まちづくり三法は見直しに至り、

中心市街地活性化法、改正都市計画法は、

平成18年に改正されました。

(大店立地法は改正されていません。)


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク