リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

都市計画事業 都市計画事業制限とは?

リラックス法学部 都市計画法をわかりやすく解説>都市計画事業 都市計画事業制限とは?

 

都市計画事業 都市計画事業制限

都市計画に従い、実際に行われる都市計画施設の

整備に関する事業及び市街地開発事業のことを、

都市計画事業といいます。

 

都市計画事業は原則として市町村が

都道府県知事の認可を受けて行います。

 

都市計画法59条

都市計画事業の認可又は承認を受けるには、

国土交通大臣または都道府県知事に

一定事項を記載した申請書を

提出する必要があります。

 

 

都市計画法60条

 

都市計画事業は、市町村が都道府県知事の認可を

受けて行うのが原則ですが、

例外が59条の2項3項4項です。

 

都市計画法53条2、3、4

都市計画事業制限

都市計画事業の認可または承認の告示があった後は、

都市計画法65条に掲げるような行為を行うには

都道府県知事等の許可を受けなければいけません。

(建築等の制限)

第六十五条  第六十二条第一項の規定による告示又は新たな事業地の編入に係る

第六十三条第二項において準用する第六十二条第一項の規定による告示があつた後においては、

当該事業地内において、都市計画事業の施行の障害となるおそれがある土地の形質の変更

若しくは建築物の建築その他工作物の建設を行い、

又は政令で定める移動の容易でない物件の設置若しくは堆積を行おうとする者は、

都道府県知事等の許可を受けなければならない。

2  都道府県知事等は、前項の許可の申請があつた場合において、

その許可を与えようとするときは、あらかじめ、施行者の意見を聴かなければならない。

 

ということで、

今回は都市計画事業 都市計画事業制限について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

都市計画法をわかりやすく解説


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク