スポンサードリンク 株主の権利には、 1株でも持っていれば権利を行使できる 「単独株主権」と、 一定数、一定割合以上の株式を 保有することで行使できる 「少数株主権」があります。   試験では、 単純にそれぞれ・・・