スポンサードリンク

新自由主義(ネオリベラリズム)についてわかりやすく解説

新自由主義(ネオリベラリズム)とは、

1980年代に登場したもので、

政治や経済の分野で「新しい自由主義」を意味する思想や概念で、

市場メカニズムを重視して、

行政サービスの供給にも

市場メカニズムをできる限り導入し、

経済活動に対する規制を極力緩和あるいは撤廃し、

国営事業の民営化や行政活動における

企業経営手法の採用を主張し、

小さな政府を理想とするものです。

 

英国のマーガレット・サッチャー政権によるサッチャリズム、

米国のロナルド ・レーガン政権によるレーガノミクス

我が国においては中曽根康弘政権の

電話、鉄道などの民営化などがその例です。

 

1990年代、小沢一郎が、著書「日本改造計画」で、

小選挙区制の導入、市町村の全廃と300市への収斂など

新自由主義の思想を集約しました。

(ただし、後に小沢一郎は、

新自由主義に反対の立場を明確にしています)。

 

1990年代以後の韓国の金大中政権、

日本の小泉純一郎 政権の政策も、

新自由主義の例です。

 

行政書士試験の基礎法学・一般知識対策コーナー

行政書士試験についての情報コーナー


・試験に役立つ左脳型速読術


関連記事

スポンサードリンク