リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

借地借家法 借家契約の更新

リラックス法学部 借地借家法をわかりやすく解説>借地借家法 借家契約の更新

建物の賃借権を借家権といいます。

借家契約には存続期間の定めはなく、一年未満の存続期間の契約をした場合は、

期限の定めのない借家契約とみなされます。

今回は借家契約の更新について説明していきたいと思います。

借家契約の更新

当事者の合意による更新はもちろんのこと、一定の場合に借家契約の

更新が認められる場合があります。

当事者が期間満了の1年前から6ヶ月前までの間に、相手方に対して更新しない旨の通知を

しなかったとき、又は、条件を変更しなければ更新をしない旨の通知をしなかったときは、

従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなされます。

またこの通知をした場合でも、借家契約の期間が満了した後、

建物の賃借人が使用を継続し、賃貸人が遅滞なく異議を述べなかったときも

契約を更新したものとみなされます。

なお賃貸人(地主)が更新を拒絶する場合は正当な事由が要求されます。

(建物賃貸借契約の更新等)

第二十六条  建物の賃貸借について期間の定めがある場合において、

当事者が期間の満了の一年前から六月前までの間に相手方に対して更新をしない旨の通知又は

条件を変更しなければ更新をしない旨の通知をしなかったときは、

従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす

ただし、その期間は、定めがないものとする。

2  前項の通知をした場合であっても、建物の賃貸借の期間が満了した後建物の賃借人が

使用を継続する場合において、建物の賃貸人が遅滞なく異議を述べなかったときも、

同項と同様とする。

3  建物の転貸借がされている場合においては、建物の転借人がする建物の使用の継続を

建物の賃借人がする建物の使用の継続とみなして、建物の賃借人と賃貸人との間について

前項の規定を適用する。

 

ということで、今回は借家契約の更新について説明してまいりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 借地借家法をわかりやすく解説


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク