リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 売買の効力(560~578条)に関する有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 >民法 売買の効力(560~578条)判例集

 

 民法560条 

民法560条関連判例

・他人物の売買は目的物の所有者が、

初めからその物を譲渡する意思がなく、

売主が買主にその物を移転する事ができない場合でも、

有効に成立する。

(最判昭和25・10・26)

 

・他人の権利の売主が死亡し、

その権利者がこれを相続しても、

相続前と同様その権利の移転につき諾否の

自由が有り、信義則に反するような

特段の事情がない限り、

この売買契約上の売主としての履行義務を

拒否する事ができる。

(最大昭和49・9・4)

 

民法561条・562条

 

民法563条・564条 

 

 民法564条

・代金の減額請求は裁判外でしても効力が生じ、

訴えを提起しないで期間が経過しても

代金の返還請求権は

消滅しない。

(大判昭和10・11・9)

 

スポンサードリンク


 

民法565条・566条 

 

 

民法566条

・瑕疵担保による損害賠償請求権には

消滅時効の規定が適用され、

消滅時効は買主が売買の目的物の引き渡し

を受けた時から進行する。

(最判平13・11・27)

 

 

 

 

民法575条 

民法575条関連判例

・売主は、目的物の引き渡しを

遅滞している場合でも、

引き渡しまでこれを使用し、

果実を取得する事ができる。

買主は、遅滞にあるときでも、

目的物の引き渡しを受けるまで

代金の利息を払う必要はない。

(大判大13・9・24)

 

 

民法576条 

民法576条関連判例

・賃借物に対する権利に基いて第三者から

明け渡しを請求された、

不動産の賃借人は、それ以後、

賃料の支払いを拒絶することができる。

(最判昭和50・4・25)

 

 民法577条

 

民法判例集トップへ

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ 


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク