スポンサードリンク

【会社法判例】 株主代表訴訟の対象となる取締役の責任(平成21年3月10日最高裁)

 株主代表訴訟の対象となる取締役の責任

(平成21年3月10日最高裁)

事件番号  平成19(受)799

 

この裁判では、

株主代表訴訟の対象となる取締役の責任について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

株主代表訴訟は,商法が,株主総会の権限を限定し,

取締役の権限を広範なものとするとともに,

取締役の特定の行為について,取締役に対し,

会社と取締役との間の委任契約に基づく

善管注意義務による責任を超えて厳格化,定型化された

特別の責任を負わせていることを受けて,

その責任の履行を確実なものとし,

株主の地位を保護するために

設けられたものと理解される制度である。

 

そうすると,株主代表訴訟によって

追及することのできる取締役の責任は,

商法266条1項各号所定の責任など,

商法が取締役の地位に基づいて取締役に負わせている

厳格な責任(以下「取締役の地位に基づく責任」という。)を

指すものと理解すべきであり,取締役が

その地位に基づかないで会社に負っている責任を含まないと

解することが相当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

会社法判例をわかりやすく解説コーナートップへ


・試験に役立つ左脳型速読術
サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク