リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】交通反則切符中の供述書を他人名義で作成した場合と私文書偽造罪(昭和56年4月8日最高裁)

交通反則切符中の供述書をあらかじめ承諾を得て他人名義で作成した場合と私文書偽造罪

(昭和56年4月8日最高裁)

事件番号  昭和54(あ)1613

 

この裁判では、交通反則切符中の供述書を

他人の名義で作成した場合は、

あらかじめその他人の承諾を得ていたとした場合にも、

私文書偽造罪が成立するかどうかについて

見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

交通事件原票中の供述書は、その文書の性質上、

作成名義人以外の者がこれを作成することは

法令上許されないものであって、

右供述書他人の名義で作成した場合は、

あらかじめその他人の承諾を得ていたとしても、

私文書偽造罪が成立すると解すべきであるから、

これと同趣旨の原審の判断は相当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク