リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【刑法判例】放火犯の噂を広めた名誉毀損 (昭和34年5月7日最高裁)の要点をわかりやすく解説

放火犯の噂を広めた名誉毀損

(昭和34年5月7日最高裁)

事件番号  昭和33(あ)2698

 

この裁判では、Xが、確証もないのに、

YがXの庭先で放火したものと思い込み、

 

周囲の人間に「Yの放火を見た」、

「火が燃えていたのでYを捕えることはできなかった」旨述べ、

その結果、Yが放火したという噂が

村中に相当広まった件で、

名誉毀損罪が成立するかについて裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

原判決は第一審判決の認定を維持し、

被告人は不定多数の人の視聴に達せしめ得る状態において

事実を摘示したものであり、その摘示が質問に対する

答としてなされたものであるかどうかというようなことは、

犯罪の成否に影響がないとしているのである。

 

そして、このような事実認定の下においては、

被告人は刑法230条1項にいう公然事実を

摘示したものということができる

 

本件記録およびすべての証拠によっても、

Yが本件火災の放火犯人であると確認することはできないから、

被告人についてはその陳述する事実につき真実であることの

証明がなされなかったものというべく、

被告人は本件につき刑責を免れることができないのであって、

これと同趣旨に出でた原判断は相当である。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


試験に役立つ左脳型速読術


サイト内検索
関連記事

スポンサードリンク