スポンサードリンク

会員登録(無料)で全100講義が見放題

法律学習のIT革命。法律特化のオンライン予備校【資格スクエア】

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法


【憲法判例】下級裁判所の違憲審査権(昭和25年2月1日最高裁)の要点をわかりやすく解説

下級裁判所の違憲審査権

(昭和25年2月1日最高裁)

事件番号  昭和23(れ)141

 

下級裁判所が、違憲審査権を有するか否かについて、

最高裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

憲法は国の最高法規である。

 

裁判官が、具体的訴訟事件に法令を適用して裁判するに当り、

その法令が憲法に適合するか否かを判断することは、

憲法によって裁判官に課せられた職務と職権であって、

このことは最高裁判所の裁判官であると、

下級裁判所の裁判官であるとを問わない

 

憲法81条は、最高裁判所が違憲審査権を有する

終審裁判所であることを明らかにした規定であって、

下級裁判所が違憲審査権を有することを

否定する趣旨をもっているものではない。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

 

憲法の解説コーナートップへ

【憲法】試験対策要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ


会員登録(無料)で全100講義が見放題

法律学習のIT革命。法律特化のオンライン予備校【資格スクエア】

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法


スポンサードリンク

関連記事