リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

【憲法判例】大阪市屋外広告物条例事件をわかりやすく解説

大阪市屋外広告物条例違反被告事件

(昭和43年12月18日大法廷判決)

 

Xらは、

「四十五年の危機迫る!!国民よ決起せよ!!

大日本菊水会本部」

などと印刷したビラ合計26枚を

大阪市屋外広告物条例(昭和31年大阪市条例第39号)により

はり紙等の表示を禁止された物件である

大阪市内の13箇所の橋柱、

電柱および電信柱にのりで貼り付けたため、

刑法60条、大阪市屋外広告物条例13条1号、4条2項、3項各1号等に

違反するとして起訴されました。

 

ビラ貼りを規制する条例は、

憲法21条に違反しないかという点

が注目された判例です。

 

裁判所は、Xらのした行為について、

「都市の美観風致を害するものとして

規制の対象とされているものと認めるのを相当とする。」

として、

「国民の文化的生活の向上を目途とする憲法の下においては、

都市の美観風致を維持することは、

公共の福祉を保持する所以であるから、

この程度の規制は、公共の福祉のため、

表現の自由に対し許された必要且つ

合理的な制限と解することができる。」

として、ビラ貼りを規制する条例は、

憲法に違反しないものとしました。

 

 

憲法の解説コーナートップへ

【憲法】試験対策要点まとめコーナートップへ

憲法判例コーナートップへ


サイト内検索
川村明宏のジニアス記憶術


関連記事

スポンサードリンク