スポンサードリンク

【行政判例】技術士国家試験の合格、不合格の判定は、司法審査の対象となるか (昭和41年2月8日最高裁)

技術士国家試験の合格、不合格の判定は、司法審査の対象となるか

(昭和41年2月8日最高裁)

事件番号  昭和39(行ツ)61

 

この裁判では、

技術士国家試験の合格、不合格の判定は、

司法審査の対象となるかについて

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

司法権の固有の内容として裁判所が審判しうる対象は、

裁判所法3条にいう「法律上の争訟」に限られ、

いわゆる法律上の争訟とは、

「法令を適用することによって解決し得べき

権利義務に関する当事者間の紛争をいう」ものと解される。

 

従って、法令の適用によって解決するに適さない単なる

政治的または経済的問題や技術上または学術上に関する争は、

裁判所の裁判を受けうべき事柄ではないのである。

 

国家試験における合格、不合格の判定も

学問または技術上の知識、能力、意見等の優劣、

当否の判断を内容とする行為であるから、

その試験実施機関の最終判断に委せられるべきものであって、

その判断の当否を審査し具体的に法令を適用して、

その争を解決調整できるものとはいえない。

 

この点についての原判決の判断は正当であって、

上告人は裁判所の審査できない事項について

救済を求めるものにほかならない。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

行政判例コーナー

行政法の解説コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク