スポンサードリンク

【行政判例】消防活動により破壊された建物の損失補償の要件 (昭和47年5月30日最高裁)

消防活動により破壊された建物の損失補償の要件

(昭和47年5月30日最高裁)

事件番号  昭和44(オ)649

 

この裁判では、

消防活動により破壊された建物の損失補償について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

火災の際の消防活動により損害を受けた者が

その損失の補償を請求しうるためには、

当該処分等が、火災が発生しようとし、もしくは発生し、

または延焼のおそれがある消防対象物および

これらのもののある土地以外の消防対象物および

立地に対しなされたものであり、かつ、

右処分等が消火もしくは延焼の防止または

人命の救助のために緊急の必要が

あるときになされたものであることを

要するものといわなければならない。

 

消防団長が右建物を破壊したことは

消防法29条3項による適法な行為ではあるが、

そのために損害を受けた被上告人らは右法条により

その損失の補償を請求することが

できるものといわなければならない

 

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

行政判例コーナー

行政法の解説コーナー


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク